アレルギーの原因とはなんなのか?免疫寛容について

 | | カテゴリー:病気 | タグ:, ,

OZP86_kahunsyounokisetudesune500

アレルギーとはそもそもなんなのか?

アレルギーとは、簡単に言えば免疫システムの異常によって引き起こされるものです。

通常、免疫はウイルスや細胞に対する防衛力として働いており、 いつも食べたり触れたりするようなものに対しては働かないようになっています。

この働きを「免疫寛容」といいます。

つまり、人体に害をもたらさないものは防衛する必要がないために、 免疫システムによって攻撃されないよう「許されて」いる状態のことです。

この免疫寛容は、当然自分自身の体の成分に対しても働きます。

なぜなら自分自身が免疫の対象になって攻撃されたら、健康が損なわれてしまうためです。

免疫システムの中心であるリンパ球には、「自己と他者を見分ける」能力が備わっており、 自分の体を異物として攻撃しないようになっています。

花粉症のような症状は、閾値が低い状態のために免疫が過剰に働いてしまってしまい、免疫寛容がうまくいっていない状態です。

花粉症などのアレルギーはリンパ球の異常反応

花粉症などのアレルギー反応は、アレルギーの元となる物質(アレルゲン)が体内に入り、免疫機能が過剰に反応してしまうことが原因で起こります。

花粉症の場合、呼吸によって空気と一緒に花粉が体内に入ってくると、まずマクロファージという細胞が花粉を異物として認識します。

そして、異物の情報はT細胞に伝えられ、T細胞は異物を除去するためB細胞に抗体の生産を指示します。

生産された抗体は、鼻の奥の粘膜にある「肥満細胞」に貯まります。

そして、もう一度空気とともに花粉が侵入してきたとき、肥満細胞は「ヒスタミン」などの物質を分泌し、このヒスタミンが鼻の粘膜を過剰に刺激し、くしゃみの元になるのです。

花粉症の根本的な原因

花粉症の原因は、現代人の暮らしにも関係があります。

例えば、食生活の欧米化です。

たんぱく質や脂肪の多い食事は、免疫反応を狂わせ、体質的にアレルギーが発生しやすくなります。


あわせて読みたい記事

スポンサードリンク

最近の投稿

Twitter