三大成人病のひとつであるがんとは?またがんに効く免疫について

 | | カテゴリー:病気 | タグ:, , , ,

Dentist-preparing-an-injection1095

がんの発生原因とは?

がんは正常な細胞が突然変異し、増殖することによって起こります。

40歳以上の年齢になると、発症する可能性が高くなる病気です。

突然変異したがん細胞は、周りの細胞とのバランスを無視してどんどん増殖し、周囲の細胞を破壊して広がっていきます。

また、正常な細胞から栄養を吸収していき、血管を通じて遠くに転移することもあります。

正常な遺伝子が傷つくことでがん細胞ができる

正常な細胞ががん細胞に変異する原因は、遺伝子に異常が発生したためです。

発がん性物質や紫外線などの影響で、正常な細胞の遺伝子が傷ついて生まれるのが「がん細胞」です。

そのため、がんの別名は「悪性新生物」とも呼ばれています。

例えば皮膚がんは、紫外線によって皮膚細胞の遺伝子が傷つけられ、がん細胞化したために起きます。

がんは早期発見が重要です。

手術しにくい箇所のがんも、早期に発見出来れば対処できます。

がん細胞に効くがん免疫とは?

人間の免疫は体内に侵入してきた病原菌だけではなく、がん細胞に対しても機能します。

免疫細胞はがん細胞を体の一部ではなく、異物として認識するので、がん細胞を攻撃して除去してくれます。

主に、「キラーT細胞」と「ナチュラルキラー細胞」が免疫細胞として、重要な役割を持っているといわれています。

がん免疫がきかないケースがある?

まだ原因は分かっていませんが、何らかの理由で免疫をかいくぐってがん細胞がどんどん増殖するケースがあります。

そのまま何年もかけて増殖したがん細胞はやがて悪性の腫瘍となり、患者の身体を蝕んでしまいます。


あわせて読みたい記事

スポンサードリンク

最近の投稿

Twitter