口内炎の原因とは?その様々な要因について

 | | カテゴリー:病気 | タグ:, , ,

mouth

口の中が痛いとき、必ず出来ている口内炎

口の中が痛いと感じて見てみると、口の中の粘膜が赤く腫れたり水泡ができて一部分が白っぽくなったりすることがあります。

これらの症状は口内炎と呼ばれ、口の中の粘膜に炎症が起きる事で発生します。

口内炎の原因は正確には特定できない?

ビタミンB2やビタミンB6の不足が口内炎の主な原因のひとつです。

熱い飲み物を飲んだときに口の中に火傷をしてしまうときや、ラウリル硫酸ナトリウムなどの歯磨き粉成分による粘膜の損傷といった、口の中に原因がある場合もあります。

しかし、過労や食習慣の乱れなど、日々の生活が原因で免疫力が下がるという原因の場合も少なくありません。

口内炎だけじゃない、舌の荒れにも注意が必要

ビタミン不足は口内炎だけでなく、舌の荒れの原因にもなります。

肝臓や胃などの消化器官が悪くなったときにも舌が荒れます。

特に、胃が悪くなった場合は、口の中に炎症が広がり、唇の脇がただれることもあるそうです。

内科の医師が舌をチェックしているのは、舌を通じて栄養状態や胃や腸の調子が分かるためです。

過労や食生活の乱れなど、自覚がある場合は鏡で自分の舌を見たりして確認してみましょう。


あわせて読みたい記事

スポンサードリンク

最近の投稿

Twitter