アルミニウムがアルツハイマーの原因になる?アルツハイマーの原因とは

 | | カテゴリー:病気 | タグ:,

file2031261144660

アルミニウムがアルツハイマーの原因になる?

アルツハイマーの原因は、残念ながらまだよく分かっておりません。

しかし、アルミニウムがアルツハイマーの原因となる可能性があるのです。

アルミニウムの日常的な摂取によって、アルミニウムが脳内に蓄積されて、アルツハイマーや認知症の原因になるという説があります。

アルツハイマーの原因になる遺伝子がある?

現在ではその研究は急速に進んでおり、最近では遺伝性アルツハイマー病の原因遺伝子が次々と発見されており、それにたんぱく質が関係していることも分かってきています。

また活性酸素もアルツハイマー病の発症に関係していることが分かってきており、今後が期待できる分野です。

アスピリンにもアルミニウムが含まれている?

病院で処方されているアスピリンには消炎鎮痛の効果があるので鎮痛解熱剤としてよく処方されておりますが、その中にはアルミニウム入りのアスピリンが処方されていることがあります。

少量でよいことから病院では小児用のアスピリン製剤を処方されることが多いですが、小児ではアスピリン服用者にライ症候群発症という副作用のリスクが警告されています。

そのため、小児用の鎮痛解熱剤の薬効成分は、アセトアミノフェンに変更されています。

小児用の鎮痛解熱剤にアスピリンを処方された際には注意が必要です。


あわせて読みたい記事

スポンサードリンク

最近の投稿

Twitter